代表挨拶

ほとんどの方にとって、住まいは一生に一度のとても大きな買い物です。これからずっとハウスオーナー様の暮らしの中心にある、『大切な宝物(住まい)』に携われることは、私達の大きな誇りです。

私が外壁職人だったこともあり、弊社は外壁施工の会社としてスタートしました。外壁施工というのは一見すると地味な仕事に見えますが、ハウスオーナー様の住まいを風雨や傷みから守る大切な仕事です。単純にサイディングを貼れば良いというわけではありません。いい加減な施工や手抜きは5年後、10年後の住まいの品質に大きく関わります。
だからこそ、弊社では社員一人ひとりが小さなところまで気をつかい、施工完了の際には「これがトレッサの仕事です」「これがトレッサの品質です」と胸を張って言えるだけの仕事をしていると自負しています。
逆に言えば、オーナー様が人生をかけて建てられる住まいの一部をまかせられているわけです。そこまでやるのが当たり前ですし、それで初めて仕事として成立するのだと思っています。

十数年前、一介の職人だった私が一人で立ち上げたこの会社ですが、現在では事業部門もスタッフも増え、さまざまな住宅関連工事を請け負うまでになりました。しかし会社が大きくなろうとも、仕事に対する心構えは創業当時から一貫して変わりません。
どんな小さな仕事にも真剣に取り組み続けることで、地元のビルダー様、ハウスオーナー様の期待以上の施工品質をご提供し続けてまいります。

 

代表取締役社長 山内 亮